スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「低炭素化促進法」「省エネルギー法」がもたらすもの

これまで低炭素社会に対しての疑問を『建築ジャーナル』に書いてきましたが、この度「低炭素化促進法」の策定、「省エネルギー法」の改正により、日本の職人文化の存続を左右する懸念がありますので問題提起をしました。

下記のコラムの趣旨は、「低炭素化促進法」「温暖化対策推進法」「省エネルギー法」について、「目的と方法とその効果について科学的に正しいのか」、「これは建築やまちづくりにとって幸福か、不幸か」専門家一人一人が考えるべきという内容です。

専門家は消費者に対して、今度の法改正について、「その目的と方法と期待される効果」についての説明責任があります。私にはどうしてもそれができませんので、それができる答えを探しています。

もし、合理的な説明ができないで間違った方法を選択していたとしたら、その副作用として「日本の伝統的な技術・職人文化は根絶し、住まいのほとんどが工業製品で構成された日本の風景、まち並みが後世に伝わることになる。」という懸念を表明しています。

これは、よく言われるインフォームドコンセントとコンプライアンスがこの法改正でも必要ではないかという素朴な問題提起です。建築の専門家は誰一人として地球温暖化防止と省エネルギーの実態と今度の法改正の関係について説明ができません。

現在の政策が、エビデンス(科学的根拠)もなく、ある一部の利益のために、「誰かがちゃんと考えてくれているだろう」という空気で進んでいることの気持ち悪さを表明しています。

多くの方にお知らせいただき、お一人お一人に考えていただければ幸いです。
ご意見、ご質問をいただければ対応させていただきます。

☆★☆『建築ジャーナル』2013年5月号 コラム「建築と政治」☆★☆
低炭素社会推進者は建築史上「伝統文化と日本の風景の破壊者」の烙印を免れるか?

☆地球温暖化についての正しい情報をご覧ください☆
地球温暖化については横浜国大伊藤公紀教授の「目からウロコ」のレクチャーを是非ご覧ください。
IWJ 伊藤教授インタビュー


☆武田邦彦教授 集中講演録☆
地球温暖化(第一話) 中に音声ファイルあり

地球温暖化(第二話)

地球温暖化(第三話)

地球温暖化(第四話)

地球温暖化(第五話)


☆櫻井よしこ コラム☆
「温暖化はCO2の所為ではない」


☆『建築ジャーナル』2012年9月号☆
「科学者からの警鐘 ― それでも地球温暖化対策を信じますか」


☆「原子力ムラ」と「地球温暖化ムラ」はつながっている☆
脱「原子力ムラ」と脱「地球温暖化ムラ」


江原 幸壱 kino-support@kinokenchiku.net
スポンサーサイト

ホームページのリニューアル

木の建築設計のホームページがリニューアルされましたのでお知らせ
します。
 「本当に住みたい木の家」というタイトルにしました。
 http://www.kinokenchiku.net/

 流山市に移転して2年が過ぎ、この地で伝統的構法の木の家を本格的に取り
組むことになりました。「より美しく、より安全に、より安く」をテーマに掲
げています。

 是非一度ホームページをご覧ください。お知り合いの方にも是非是非お知ら
せください。

 2007年の建築基準法改正以降、リーマン・ショックや東日本大震災などもあり、
建築・住宅をめぐる環境は非常に厳しい状況にあります。その中でも元気に生
き残り、少しでも社会貢献できればよいと思い、積極的にPRしていきたいと思
います。
 今後とも叱咤激励よろしくお願いします。
  皆様の益々のご健勝をお祈り申し上げます。

 「本当に住みたい木の家」 http://www.kinokenchiku.net/

エネルギーの選択

「エネルギー・環境に関する選択肢」に対するパブコメは12日(日)18:00が締め切りです。

まだの方は是非意思表明しましょう。

子ども達のいのちは私たちが護らないと。

人任せにはできません!!!

http://www.npu.go.jp/policy/policy09/pdf/20120702/20120702.pdf

「改正省エネ法」に関するシンポジウムのお知らせ

私は2007年の官製不況の二の舞になる「改正省エネ法」の問題点を指摘しています。

「改正省エネ法」に問題点が具体的にわかるシンポジウムがあります。

伝統的構法をやっている方を対象にしていますが、内容はすべての住宅に関連
したものです。

改正省エネ法の問題を指摘しているのはごくわずかしかいません。

「目からウロコ」の話だと思いますので是非この機会にご参加ください。

------------------------
これ木連は、「伝統構法」に関し共通認識を持つことを目的に、2009年2月から
連続勉強会を開催してきました。今回はその第18回として、以下の勉強会を開
催します。どうぞご参加ください。

■□■これ木連「伝統構法」を考える勉強会■□■

第18回 法律が建築から自由を奪う日 改正省エネ法の義務化で伝統的構法の
家はどうなるのか?

昨年の3.11原発事故は、日本のエネルギー政策の歪みや矛盾を顕在化させまし
た。未だに利害関係者の綱引きが続けられ、その解決の方策は見出しきれてい
ません。そういったなかで、限りあるエネルギーの消費を減らす方策に対して
は、諸手をあげて賛意が表明され、再生可能エネルギー利用と省エネが解決の
方策であるかのような空気も感じられます。建築における省エネは、建築内外
で使われる熱源機器の効率やその熱損失の制御によりエネルギーの必要量を減
らしていくことが目標とされ、単純には建築の断熱性能を高めることが求めら
れています。

現在、国土交通省では次世代省エネ基準を300平米以下の建築(住宅規模)にも
2020年から“義務化”する法整備を進めており、そのことに対するパブリック
コメント(6/11締切)を求めています。この基準に照らせば、分厚い断熱材で
覆うことが要求され、伝統的構法の家を実現することは実質的に困難となりま
す。改正省エネ法の目的は、地球温暖化対策や低炭素社会に向けての技術革新、
新築に限らず既存建物の断熱化による経済刺激策など、網羅的で焦点が曖昧で
す。技術革新やその向上はものづくりの目標としては理解できても、法律その
ものの効果が国民に義務化を迫り、建築の自由度を拘束するほどのものである
のかどうか、はなはだ疑問な点が多い。はたして、この規制は国民の幸せにつ
ながることになるのでしょうか。

そこで今回、改正省エネ法の義務化によって、伝統的構法にどういった問題が
生じ、建築技術への制限ばかりでなく、日本の建築文化や日本人の生活感をも
壊しかねない法律制定の裏を、熊本で伝統的構法の家づくりを実践している古
川さんに解き明かしてもらい、論点整理を試みます。

※参考情報
「低炭素社会に向けた住まいと住まい方」の推進方策について中間とりまとめ
(案)に関する意見の募集について
http://urx.nu/195P

【日時】2012年6月2日(土)13:30-16:30
【会場】東京芸術大学美術学部 中央棟2階第3講義室(台東区上野公園12-8)
【講師】古川保氏(すまい塾古川設計室(有)代表)
【参加費】2,000円
【定員】80名(申込順、定員になり次第締切)
【申込】これ木連事務局( koremoku@e-mail.jp 、ファクス03-5216-3542)宛、
参加者1名ごとに、氏名、所属、電話、ファクス、メールアドレスを明記のうえ、
5月31日(木)までにお申し込みください。

↓こちらからもお申し込みいただけます。
http://form1.fc2.com/form/?id=460277
【連絡先】「これ木連」事務局 担当:金井
電話03-5216-3541 携帯090-7735-1460
http://koremoku.seesaa.net/

以上、よろしくお願いいたします。


これからの木造住宅を考える連絡会(これ木連)事務局
http://koremoku.seesaa.net/
特定非営利活動法人日本民家再生協会(JMRA)
金井 透 koremoku@e-mail.jp
電話03-5216-3541 FAX03-5216-3542
〒102-0085東京都千代田区六番町1-1

「低炭素社会に向けた住まいと住まい方」意見募集中

平成24年5月10日(木)~平成24年6月11日(月)まで下記の意見募集を行っています。

「低炭素社会に向けた住まいと住まい方」の推進方策について中間とりまとめ(案)に関する意見の募集について

http://bit.ly/J1eCKw

仲間にお伝えし、各地域から生の声を届けてください。
省エネ法改正およびCASBEEについて今主張しておかないと手遅れになります。

省エネ法改正についての問題点はこれまでに皆様からいただいています。
私の意見については下記に置いてありますので必要な場合はご参照ください。

https://www.facebook.com/koichi.ehara?sk=notes
http://www.kinokenchiku.biz/writing.html

よろしくお願いします。
プロフィール

木と森の案内人

Author:木と森の案内人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。