スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球温暖化について考えてみませんか

皆さんは環境問題に関心はありませんか?

私も国産材の木組みの木造住宅を設計し、自然素材を使うことや化石資源をなるべく使わないようにと考えながら20年以上取り組んできましたので、環境問題は少なからず関心があります。

福島原発事故は「原発の安全神話」の嘘から日本国民が解き放たれた瞬間でもありました。
政府や東電から出る情報が隠されたり、操作されたりということも次々に明らかになってきました。
私はそのことを「日本社会のメルトダウン 地域主権の復興に向けて」http://p.tl/f4bjに書きました。

私は以前から原発の安全性への疑問から「原発の即時停止」を考えています。
原発の代替えエネルギーとしてとして何が相応しいかを調べていました。

飯田哲也さんがテレビで言っているように地熱発電などの自然エネルギー(再生可能エネルギー)を中核にするという考え方があります。概ね私も賛成してきました。

それとは別に広瀬隆さんが主張する、自然エネルギーが中核になるまでには20年以上時間がかかるので、それまでは天然ガスによるコンバインドサイクルによる発電を導入すべきという考え方です。

原発推進派は自然エネルギーと原子力の共存ということを考え、自然エネルギーが中核になるまでは原子力発電を維持して、その間に革新的原子炉の開発とあらたな「安全神話」を定着させようとしています。(参考:平成23年度第1回エネルギー政策懇話会「新種の革新的原子炉はどう展開するか−福島事故後を展望して−」
http://p.tl/V2x6 )
広瀬さんは自然エネルギー推進派が原発推進派の論理に絡め取られると警戒しています。

私は代替えエネルギーについて調べているときに「地球温暖化説」「地球温暖化CO2犯人説」 という問題に突き当たりました。1年に知り合いからこのことを聞いたときにはあまり信じられませんでした。

しかし、このテーマを調べていく内に、「地球温暖化説」「地球温暖化CO2犯人説」に疑念をいだくようになりました。
今は95%ほど、これらの説が嘘であると思うようになりました。

「地球温暖化説」はIPCC(気候変動に関する政府間パネル)が中心になって主張していて、これらの説を支持している日本の学者はIPCCの資料を基にしています。
今なお慶応大学の金子勝さんのような信頼できる知識人でさえ信じているIPCCですが、世界の科学者の集まりで信頼にたる組織ではなく、政治的意図をもった国際組織であるように認識しました。

日本地球惑星科学連合の2008年のシンポジウムで、丸山茂徳さんが、「地球温暖化説」「地球温暖化CO2犯人説」の疑念を提起し、多くの参加者はその疑念を否定しませんでした。

つまり2008年には日本の科学者も「地球温暖化説」「地球温暖化CO2犯人説」が真実ではないと知っていたのです。

私も 『不都合な真実』をかっこうよくプレゼンしたアル・ゴア副大統領の姿を見て、信じ切っていました。
ところが今ではその科学的間違いを指摘する映像を多く見掛けるようになりました。

そのことを知ってから環境問題に関心を持っている友人に「地球温暖化説」についてどこまで知っているか聞いてみましたが、少し前の私と同様に深く調べたことが無く、アル・ゴア副大統領の『不都合な真実』のイメージのままの方が多くいました。

自然素材をうまく使い、職人が築き上げてきた木組みの技術や材料を設える職人の技能によってできる木の建築が心やすまる日本の風景をつくってきました。
建築をやっていると省エネ基準やCASBEEなどやたらとCO2削減のための規制が多く、かつての日本風景をつくっていた木の家も町並みもできなくなってしまいました。高気密高断熱の工業製品しか使えない建築制度になっています。
間違った低炭素化政策と国民的節電強制によって、建築規制はますます厳しくなってきています。
建築規制について問題は低炭素化政策の一面に過ぎません。

低炭素化社会の今後の大きな問題は、東日本大震災の復興の足かせ、原発即時停止に関わるエネルギー・シフトの問題、CO2排出権取引による国費の浪費、東海・東南海・南海震災への備え、寒冷化における食糧不足の問題に大変深刻に影響してきます。

一見難しい問題に見えますが、知ってみると大変興味深い問題でもあります。
先入観をもたずに両論を知ってみて自分で判断してみてください。
将来の世代に負担を負わせないために今の私たちの世代で正しい選択をしましょう。

■地球温暖化に関するサイト

●悪魔のささやき
http://p.tl/qlpG
●日本地球惑星科学連合 2008年大会 特別シンポジウム「世界の気候変動と21世紀の国策」
http://p.tl/IHm1
●わんばらんす
http://p.tl/dIZn
●正しく知る地球温暖化―誤った地球温暖化論に惑わされないために
http://p.tl/2Y8h
●地球温暖化説のウソ 広瀬隆. 原発Nチャンネル11
http://p.tl/DO8q
●地球温暖化詐欺
http://p.tl/JoBH
●地球温暖化の真実(2007)
http://p.tl/aoYE
●地球温暖化CO2犯人説のウソ
http://p.tl/syBh
●地球温暖化のウソに迫る
http://p.tl/Y1ET
●地球温暖化CO2犯人説の非常識 広瀬隆
http://p.tl/yc2I
●地球温暖化の真相とは
http://p.tl/k9j3
●アル・ゴア 『不都合な真実』にある35の科学的間違い(1/2)
http://p.tl/sZas
●アル・ゴア 『不都合な真実』にある35の科学的間違い(2/2)
http://p.tl/VBJQ
●二酸化炭素の増加の中、20世紀半ばは寒冷化していた
http://p.tl/s0qy
●クライメイト・ゲート事件(ClimateGate)/地球温暖化詐欺-グレン・ベック
http://p.tl/rXEd
●クライメイト・ゲート2(ClimateGate)/地球温暖化詐欺-RussiaToday
http://p.tl/X76j
●クライメイト・ゲート3(ClimateGate)-地球温暖化詐欺-Nick Griffin
http://p.tl/BlnK
●クライメイト・ゲート4/『地球温暖化プロパガンダ』の真の目的とは?
http://p.tl/m7L4
●クライメイト・ゲート5/地球温暖化詐欺-英BBC、米CNNより
http://p.tl/Q6Au
クライメイト・ゲート6/詐欺の最終到達地=世界政府、世界の新秩序
http://p.tl/xFwT
●クライメイト・ゲート7/Stephen Schneider
http://p.tl/J2M1
●クライメイト・ゲート8/IPCC FRAUD(IPCCの不正)
http://p.tl/SbJZ
●クライメイト・ゲート9/結局彼らは全ての関連データを公開していない
http://p.tl/xFwT
●クライメートゲート事件
http://p.tl/5DT6
●Wikipedia 地球温暖化
http://p.tl/-8G_
●Wikipedia 地球温暖化に対する懐疑論
http://p.tl/qiYa
●Wikipedia 懐疑派バスターズ
http://p.tl/L-PL
●「地球温暖化懐疑論批判」
http://p.tl/gNNg
●「地球温暖化懐疑論批判」2
http://p.tl/FysJ
●「地球温暖化懐疑論批判」サステイナビリティ学研究機構
http://p.tl/7UxC
●寺門和夫ブログ「IPCC のデータ捏造疑惑は本当か?」
http://p.tl/yIHi
●全国の原発を即時停止せよ 池田 信夫
http://p.tl/YPgC
●「自然エネルギー」は原発の代わりにはならない : 池田 信夫
http://p.tl/mUx5
●「自然エネルギー財団」より電力事業のイノベーションを池田 信夫
http://p.tl/VVsB
●再生可能エネルギーの限界と日本のエネルギー政策の今後
http://p.tl/DqJ5
●600年分の埋蔵量 関東天然瓦斯開発株式会社
http://p.tl/RRtO
スポンサーサイト

サラ・ブライトマンのコンサート

テーマにまったく関係ありませんが、
昨日サラ・ブライトマンのコンサートに行ってきました。

サラの曲はずっと聴いていたので、是非生声を聴いて
見たいと思っていました。

舞台の演出も美しく、場内に響き渡ったサラの声に感動しました。

演出にもありましたが、静まりかえった森の中でサラの歌声を
是非聞いてみたいと思いました。

プロフィール

木と森の案内人

Author:木と森の案内人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。